カリフォルニア大学(UC)編入サポート

UC LABOは、カリフォルニア大学進学に特化した留学支援団体です。

カリフォルニア大学(UC)編入サポート

UC LABOは、カリフォルニア大学進学に特化した留学支援団体です。

About University of California

カリフォルニア大学。それは、世界最高峰の大学群。

カリフォルニア大学 (UC)は、1968年に創設され、カリフォルニア大学バークレー校やカリフォルニア大学ロサンゼルス校をはじめとする10校からなる、学生数25万人を超えるアメリカ合衆国最大規模の州立大学群です。大学の難易度を示す世界大学ランキングでは、15位にUCバークレー校、17位にUCLAなどの名門校がランクインしており、難関校と言われる100位圏内に 10校中6校が入るほどです(THE2019参照)。また、世界中から優秀な学生が集まるため、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)には、応募者数が毎年10万人を超えており、アメリカ合衆国最多の数を記録しています。

世界大学ランキング

15位

※University of California, Los Angeles

ノーベル賞受賞者数

148人

※Including Affiliation

国公立大学ランキング

1位

※アメリカ大学ランキング

学生数 (学部生・大学院生)

25,000人

About University of California

カリフォルニア大学。それは、世界最高峰の大学群。

世界大学ランキング

15位

※UC Berkeley (THE2019参照)

ノーベル賞受賞者数

148人

※Including Affiliation

国公立大学ランキング

1位

※アメリカ大学ランキング

学生数 (学部生・大学院生)

25,000人

カリフォルニア大学 (UC)は、1968年に創設され、カリフォルニア大学バークレー校やカリフォルニア大学ロサンゼルス校をはじめとする10校からなる、学生数25万人を超えるアメリカ合衆国最大規模の州立大学群です。大学の難易度を示す世界大学ランキングでは、15位にUCバークレー校、17位にUCLAなどの名門校がランクインしており、難関校と言われる100位圏内に 10校中6校が入るほどです(THE2019参照)。また、世界中から優秀な学生が集まるため、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)には、応募者数が毎年10万人を超えており、アメリカ合衆国最多の数を記録しています。

UCB2

世界大学ランキング18位

UC Berkeley

カリフォルニア大学バークレー校

UCLA3

世界大学ランキング15位

UCLA

カリフォルニア大学ロサンゼルス校

UCSD1

世界大学ランキング31位

UC San Diego

カリフォルニア大学サンディエゴ校

UCSB

世界大学ランキング53位

UC Santa Barbara

カリフォルニア大学サンタバーバラ校

About UC Transfer System

カリフォルニア大学に進学するなら、UC編入制度。

Transfer2

留学生にとって、これら世界最高峰の大学に1年生から入学するのは非常に厳しく、オールA近い高校の成績や高いTOEFLとSATのスコア、そして、卓越した課外活動の経験が必要となります。また、カリフォルニア州内の学生に入学の優先権が与えられるため、日本人留学生にとっての入学は、不利な条件になっています。しかし、カリフォルニア大学には編入学制度というものが設けられています。これは、コミュニティーカレッジと呼ばれる短大(2年)からカリフォルニア大学へ編入学する方法です。これらの2つの大学機関は、カリフォルニア州の同じ教育制度の管轄下であるため、高い学力と条件を満たせばスムーズに編入学することができるよう制度として成り立っています。そのため、入学の優先権が低い日本人留学生でも、カリフォルニア州にあるコミュ ニティーカレッジから編入することで、世界的名門校に合格することが可能となります。

カリフォルニア大学(UC)編入までの4つのステップ

flow-a2

UC編入のため、現地のコミュニティーカレッジに入学。出願には、TOEFLのスコアが必要となるため、アメリカの大学で通用する英語の準備をします。

Flow-c1

UC編入に向け、コミュニ ティーカレッジからが本番になります。トップ校編入には、カレッジでの高いGPA(成績)を収めながら必修科目を計画的に履修します。

Flow-b1

カレッジ2年目の秋には、志望校への出願を行います。カレッジの成績と出願エッセイを提出し、翌年の3~4月頃に結果が出ます。

Flow-d1

ついに結果発表。3年次より合格したカリフォルニア大学の一つへ進学します。

Why Transfer System?

カリフォルニア大学へ進学には、「編入」をお勧めする理由があります。

1年次入学と比べ、大幅な学費の節約が可能。

カリフォルニア大学は、コミュニ ティーカレッジと比べ学費がとても高いため、1.2年次にカレッジに 通うことで、学費を節約することができます。

TOEFL/SATのスコア必要なし

カレッジで履修する英語科目が高い英語力を保証するため、UC編入にはTOEFLやSATのスコアを提出する必要がありません。

編入学受験者の高い合格率

UCへの入学実績として、1年次の入学より編入学の方が合格率が高い傾向にあります。また、コミュニティーカレッジに通う学生に入学の優先権が与えられるため、合格できる確率はさらに高まります。

編入保証プログラム(TAG)

カリフォルニア州立コミュニティーカレッジの学生は、ある 一定の条件を満たすことで、編入保証プ ログラム(TAG)という受験ができるようになります。これによりUCトップ校(2~3校)を除いた他のUCスクールへの編入が保証されます。

Criteria of University of California

UC難関校に入学するために求められる基準

☑️ 高いGPA(成績)

カリフォルニア大学トップ校への編入には、高校の成績は影響しません。その代わり、コミュニティーカレッジ2年間におけるGPA(成績)が審査基準になります。ライバルの多いUCトップ校への合格には、高いGPAが必要となります。

☑️ あなたの全てを語る出願エッセイ

カレッジにおけるGPA(成績)と並んで重要となるのが、出願時のエッセイです。UCトップ校には、10万人以上の学生が出願するため、 あなたがどういった人物なのか、そして、なぜあなたがその学校に合格するべきなのかを完結に伝える必要があります。エッセイサポートはこちら>

☑️ 専攻が指定した必修科目

出願するUC系大学の専攻(メジャー)が求める必修科目を満たす必要があります。同じ専攻でも出願する学校によって指定科目が異なるため、計画的、そして効率よく履修する必要があります。

☑️ 社会に影響を与える課外活動

アメリカの大学では、今までにどれだけボランディア活動などの課外活動を行ってきたかを一つの審査基準としています。そのため、あなたの活動が目標に向かってどれだけ社会に貢献してきたのかを伝える必要があります。

☑️ 厳格に定められたIGETCの取得

カリフォルニア州内のコミュニティーカレッジとカリフォルニア大学編入を繋ぐのがIGETCと呼ばれるシステム。IGETCの認める一般教養 科目を履修することが、カリフォルニア大学編入条件の一つとなって います。

UC Transfer Support Services

カリフォルニア大学編入を目指す学生のための徹底的なサポート。

UC難関校合格までの

安心2年間サポート

世界中から集まった優秀なライバルに勝ち、志望校合格を手にするには、「並外れた努力」と「緻密な計画」が必要なのです。カリフォルニア大学編入の経験者だから分かる、世界的難関校に必要なサポートです。

UC難関校合格までの

安心2年間サポート

世界中から集まった優秀なライバルに勝ち、志望校合格を手にするには、「並外れた努力」と「緻密な計画」が必要なのです。カリフォルニア大学編入の経験者だから分かる、世界的難関校に必要なサポートです。

留学コンサルティング

留学についての疑問・不安などご相談ください。

留学・海外大学進学は人生の中でも非常に大きな決断となります。海外での新しい生活・新しい学校での良いスタートを切れるよう、留学経験者がご相談に乗ります。詳しくはこちら>

UC編入学支援

ライバルに勝つためには緻密な計画が必要です。

UC編入制度の深い理解とカレッジにおける授業の特徴・教授に関する知見を持ったカウンセラーが、あなたの目標に合わせ、履修計画を徹底サポート。志望校編入までの最短距離を導きます。

出願エッセイ対策講座

編入最重要事項への徹底した対策。

カレッジにおける成績(GPA)と並んで、最も重要なのが「出願エッセイ」です。UC出願エッセイは、合否を分ける要素であり専門的な対策が必要です。本講座では、エッセイの書き方からブレイン・ストーミング、繰り返し添削、そしてUC卒業生によるレビューにより納得のいくエッセイの作成をサポートします。詳しくはこちら>

カレッジ・UC出願代行

複雑な手続きを簡単に。

アメリカでのカレッジ出願やUC編入学出願には色々な不安があるかと思います。正しく、そしてアピールできる願書を作成することは合格率を上げる重要な要素となります。経験豊富なスタッフが代行いたします。

奨学金申し込み支援

留学に嬉しいサポート。

アメリカには、返済不要の奨学金が多く存在し、奨学金を得ることは金銭的負担を和らげるだけではなく、奨学金を受けるほど優秀であるという証明にも繋がり、UC編入ではアピールにも繋がります。しかし、留学生にとって奨学金を得る手続きにかかる時間や条件などの負担が多いのも現実です。そんな奨学金に関わるノウハウや手続きなどをサポートいたします。

留学時カウンセリングサポート

日々の生活の相談役として。

UC編入までの道のりは2年と長く、異国の地での生活では日々多くの困難が待ち受けています。定期的に、学校の進捗やモチベーション管理はもちろん、不安や悩みなどのカウンセリングサポートを行なっています。詳しくはこちら>

Why UC LABO?

多くの留学生にUC LABOが選ばれる理由があります。

長年の蓄積データ・経験に基づくコンサルティング

UC LABOとして発足する以前から、メンバー自らのUC編入経験を生かしUC編入コンサルティングを行なってきました。今までに蓄積された多くのデータや情報、そして、ノウハウを生かし多くの学生のサポートを行なっております。

UC編入経験のカリフォルニア大学卒業生によるサポート

UCを目指す上での苦労・ノウハウはUC編入を経験者にしかわからない部分もあります。UC LABOでは、カリフォルニア大学卒業生がクラス難易度を考慮し履修計画支援やUCエッセイのレビューを行うなど、手厚いサポートを行います。また、サポートチームは、全員カリフォルニア州・大学の 卒業生で構成されています。実際にカレッジからUC に編入した経験・知見を惜しみなくお伝えします。